横浜雙葉中学高等学校

メニュー
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

学校の風景

学園の歴史

横浜雙葉中学高等学校の教育は、17世紀、フランスでニコラ・バレ神父がうち捨てられた子供たちの尊厳を回復するための教育活動を開始したことに始まります。
バレ神父が1666年に開設したカトリックの女子修道会「幼きイエス会」はその後、世界各地に広がり、バレ神父の教えを受け継ぐ女子教育に取り組んでいます。
マザー・マチルド他4名の修道女が横浜に上陸したのは1872年のこと。
初めての来日修道女として、山手58番地に外国人子女教育および貧困孤児養育事業を開始しました。
のちに一般の子女を対象に女子教育を始め、1958年に校名を横浜雙葉中学校・高等学校に変更しました。
バレ神父やマザー・マチルドの女子教育にかける熱い想いは、現在も教育理念として受け継がれています。

沿革

17世紀 絶対主義のフランスで、ニコラ・バレ神父がうち捨てられた子供たちの尊厳を回復するための教育活動をはじめる。このとき「幼きイエス会」が設立される。
1686年 ニコラ・バレ神父帰天
1814年 創始者マザー・マチルド誕生
1872年5月 マザー・マチルド、プチジャン司教より来日を依頼する手紙を受け取る。
1872年6月 マザー・マチルド他4名の「幼きイエス会」修道女、横浜に上陸。初めての来日修道女となる。山手58番地に外国人子女教育および貧困孤児養育事業を開始(仁慈堂)。
1900年 一般の子女を対象とした横浜紅蘭女学校開校
1902年 孤児養育施設を菫女学校とする
1906年 横浜紅蘭女学校第1回卒業式
1911年 マザー・マチルド帰天
1914年 横浜紅蘭女学校付属初等科、幼稚園開設
1923年9月 関東大震災により全校舎焼失
1925年11月 復興校舎竣工落成式
1933年1月 横浜紅蘭高等女学校設立認可
1943年頃 集団疎開・勤労動員
1945年5月 太平洋戦争中横浜大空襲により全校舎焼失
1945年7月 授業を再開
1947~59年 10期に分けて校舎復興事業
1950年 創立50周年・「田毎の月」始まる
1951年3月 校名を雙葉中学校・高等学校に変更
1956年9月 山手町226番地に小学校新校舎竣工
1958年11月 校名を横浜雙葉中学校・高等学校に変更。
1962年9月 体育館竣工
1967年4月 講堂・新館(図書館、視聴覚教室)竣工
1974年6月 雙葉学園伊豆山荘竣工
1980年11月 創立八十周年記念式典
1993年9月 新聖堂・南(高校)校舎竣工
1998年3月 東校舎特別教室棟(理科室・調理室)竣工
2000年10月 創立100周年記念式典
2003年3月 新西校舎(職員室・図書館等)竣工
2007年10月 修道女来日記念レリーフ完成

ニコラ・バレ神父

ニコラ・バレ神父

マザー・マチルド

マザー・マチルド

仁慈堂

仁慈堂

横浜紅蘭女学校第1回卒業生

横浜紅蘭女学校第1回卒業生

横浜紅蘭女学校付属初等科開設

横浜紅蘭女学校付属初等科開設

横浜大空襲後

横浜大空襲後

校舎復興事業

校舎復興事業

新西校舎棟竣工

新西校舎棟竣工

修道女来日記念レリーフ完成

修道女来日記念レリーフ完成

学校案内

page top